自己破産後に融資を受ける方法について

自己破産をすることで、信用情報には事故情報が書き加えられることになります。信用情報は、借り入れの審査をする際に重要になってくるもので、そこに事故情報が記載されていれば、審査落ちの原因となってしまいます。その為、自己破産をしてしまうと、新たに借入がしにくい状態になってしまいます。信用情報機関に登録されている事故情報というのは、永久に記録が残るのではなく、5年程度で消える事になります。事故情報が残っているかを確認したければ、信用情報機関に自分の信用情報の照会を求めてみるといいでしょう。事故情報さえなくなっていれば、審査を受けても自己破産の情報にたどり着くことはなくなるので、融資が可能になります。自己破産をしたことがある人が、新規の融資を受けたいという場合は、自己破産をしてから5年間は融資を受けずに過ごします。世の中には自己破産をした人でも利用可能と宣伝をしている金融業者もあります。どうしてもお金が必要な時、そうした金融業者は魅力的に感じてしまう事になりますが、問題があっても融資をしてくれる業者の殆どは闇金です。俗に言う闇金を利用してお金を借りる事が出来たとしても、その後にトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるので、できるのであれば利用しない方が無難です。もしも、自己破産をしたことがあるけれどもキャッシングを利用したいと思っているなら、5年は待つことです。無事に5年がたち、信用情報機関に記録されていた事故情報が消えれば、自己破産歴を調べる術はなくなって、新しくローンを組めるようになります。切手 買取 どこがいい

カテゴリー: 未分類

投稿者について

user015